×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一橋大学社会学部倉田良樹ゼミナールHP

倉田先生の紹介

倉田先生
倉田 良樹(くらた・よしき)
一橋大学大学院社会学研究科・社会学部教授

○主要研究領域
雇用関係・雇用政策に関する理論的・実証的研究

○経歴
1954年生まれ
1978年 3月   一橋大学社会学部卒業
1978年 4月   一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
1980年 3月   同課程修了
1980年 4月   一橋大学大学院社会学研究科博士課程進学
1983年 3月   同課程単位取得退学
1983年 4月   福岡大学商学部専任講師
1986年 4月   一橋大学社会学部専任講師
1988年 4月   一橋大学社会学部助教授
1996年 10月   一橋大学社会学部教授
2000年 4月   一橋大学大学院社会学研究科教授に配置替え

○学位
修士号(1980年 社会学修士、一橋大学)
博士号(2006年 社会学博士、一橋大学)

以上、一橋大学社会学部のHPより。

○倉田先生より
 ゼミのテーマは雇用関係、雇用政策の社会学的研究です。
 ゼミを運営するうえで最も重視していることは、
 @あくなき知的好奇心をもって雇用関係に関わるあらゆる事象にアプローチすること、
 A社会学に軸をおきつつ、専門バカにはならないよう様々なディシプリンの成果を学ぶこと、
 Bロジカルに説明する力、他者の主張を理解する力を養うために、とことん議論すること、という3つです。

 二年間でゼミテンの皆さんがどんどん成長していくのを身近で経験できることが、ゼミ教員としての最大の楽しみです。
 またOB・OG会などを通じて、すでに100名を越える卒業生の皆さんと継続的な交流を行っていることも、
 当ゼミの強みだと思っています。



さらに詳細な紹介をご覧になりたい方は下のリンクへどうぞ。

倉田先生のHP(外部リンク)

一橋大学の紹介(外部リンク)